2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008/08/27

やっと。。。

便の中に虫(トリコモナス)が見つかり、下痢を繰り返していた文太ですが。。。

病院での注射とお薬を続けて、やっと下痢がおさまりました。。。

虫が見つかってから7日間続けることになった駆除薬も終わって、昨日検査してもらった結果、虫はいなくなっていました。
(いなくなったと言っても、この虫は完全になくすことはできないので、また体調を崩したりして出てくることもあるそうです。。。)

下痢を繰り返し、あまり食べることができなかった文太は、昨日病院で体重を測ると、34.7gととてもちいさくなってしまいました…weep

駆虫薬を飲んでいる間は、先生から野菜を摂ることを禁止されていました。
野菜は腸の中の細菌を増やし、虫の栄養になってしまうからだそうです。特に豆類がいけないということで、豆腐も食べれませんでした。

ペレットをほとんど食べない文太は、野菜や豆腐が主食だったので、それがダメということになると、食べれるものがあまりなくなってしまったのですbearing

ペットミルク、フォーミュラー3、ヨーグルト、雑穀と一緒にすり潰したペレット等をあげたのですが、どれも一舐め、一口とあまり食べることができません。
その上、粉末を水で溶いた薬がものすごく嫌だったようで、投薬のたびにかなり抵抗して暴れ、ホントに大変でした。。。

どんどん衰弱し、どんどんちいさくなっていく文太になんとか栄養を摂らせてあげたいと、先生からあげてもいいと言われたかぼ種ととうもろこしをあげると、すごく喜んで食べてくれました。
ところが、それが文太のお腹には刺激が強かったらしく、また下痢になってしまいました。
文太の場合、ずっといろんな薬を飲んでいたので、腎臓などが弱っていたからだろうということでした。

結局、食べれるものが少ない中、なんとかがんばってちょこっとずつでも食べてもらい、薬も続けた結果、下痢もおさまりだんだん正常な便に近づき、昨日の検査の結果、虫がいなくなってやっと落ち着くことができました。

ところが投薬中から、お腹にガスが溜まっていき、ものすごくポッコリと膨らんでしまいましたbearing
爪先立ちのような格好でお腹を浮かして歩き、寝ている時に呼吸をすると、お腹から背中にかけて波打つように膨らみます。
今度は、ガスを抜くためのお薬と抗生物質を続けることになりました。。。

尿道の結石の薬や右胸の腫瘍のためのサプリメントは、今のところお休みです。。。

まだまだ心配なことはいろいろありますが、文太が自分で食べたり、時々くるくるしたりできるようになって、ホントにうれしいですhappy01

かなりちっこくなっちゃったけど、だいぶ元気が戻り、回し車の上でクシクシ・クルクルする文太を、よかったら見てやってください。。。

続きを読む "やっと。。。" »

2008/08/23

一進一退。。。

月曜日の夜、病院から帰宅後、下痢になってしまった文太ですが。。。

火曜日の朝、薬を飲ませた後、どんどん下痢が酷くなり、とうとう便が黄土色の水状態になってしまいました。
床に敷いたキッチンペーパーやペパーレが換えても換えても汚れていき、文太もぐったりと動かなくなってきてしまいました。

どんどん衰弱していく様子にとても不安になり、移動に耐えられるか心配だったのですが、病院へ連れて行くことにしました。

病院で、下痢止めと栄養剤を注射してもらうと、少しずつですが力が出てきて、下痢もだんだんおさまり、柔らかいながらもうんぴと言えるものになってきました。

ところがその後も、お腹がガスでポッコリ膨らんでしまったり、また下痢をしてしまったりと続いたのですが、今はだいぶ便の形もしっかりしてきて、いろいろと飲んだり食べたりもできるようになりました。

ただ急激にガクッと身体がちいさくなってしまい、全盛期は52~53gだった体重も、36~37gになってしまいました。
ホントにちっちゃくなってしまい、ヒョロヒョロした文太を見ていると辛いですが、文太本人(ハム)は、薬を飲み、少しずつですが飲んだり食べたりして、ものすごくがんばっています。

原因不明の出血以来、通院・投薬がずっと続いて、文太には辛い思いをさせてしまっていますが、文太は本当に一生懸命がんばってくれているので、早く落ち着いて過ごせるようになってもらいたいです。。。

2008/08/19

経過(BlogPet)

きのうましまろが、出血ー!
だけど、パン子と経過するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「ましまろ」が書きました。

下痢。。。

日曜日、だいぶ元気が戻ってごはんもかなり食べれるようになり、赤茶色っぽかった尿も黄色になり、出血もほとんど治まってきて、ホッとしていたのですが。。。

夜になって、急に軟便になってしまいました。。。

どんどん便がゆるくなってくるので、昨日病院へ行ったところ、虫(トリコモナス)が見つかりました。
もともとお腹にいたものが、免疫力が下がり出てきてしまったそうです。
薬を注射してもらい、7日間もらってきた薬を与えて様子を見ることになったのですが、帰宅後、柔らかかった便が下痢になってしまい、通院する前より酷くなってしまいました。

今朝、もらってきた薬を飲ませたのですが、水っぽい便が続いていて、おしりというよりお腹全体が黄土色に汚れてしまっています。

文太はクタッと寝ているのですが、時々起きてきてお皿の中のものを少し食べていきます。
病院でも、こんな状態なのに、耳もピンとして元気があると、先生が驚いていました。

でも、やっぱりこれだけ下痢をしてしまっていたら、身体が相当辛く苦しいのではないかと思います。
とにかくお薬が効いてくれて、お腹が落ち着いてほしいです。。。

2008/08/16

その後の様子。。。

とても具合の悪くなってしまった文太ですが、昨日再通院しました。。。

あまり食べられず水分も摂れない状態で、出血もなかなかなくならないので、止血剤やお腹の調子を整えるお薬や、栄養や水分を補給できるもの(?)等を入れた注射をしてもらいました。

ずっとぐったり寝ていた文太ですが、注射してもらったおかげで、帰宅後から少しずつ起きられるようになり、ちょこっとですが食べることもできるようになりました。

そして今日はだいぶ元気になり、病院でもらってきた雑穀のようなものや、ごまやそばの実と一緒にすり潰したペレット等を、自分でお皿から食べてくれました。
食べた後、毛繕いをする余裕も出てきました。

元気が戻ってきてくれてよかったのですが、血はまだあちこちに点々とついていて、病院で注射してもらったり、家でも薬を飲んでるのになかなか止まってくれません。
そして、今日新たに、左の顎の下あたりの毛が毟れていて、ピンクの肌が、右胸にできてしまった腫瘍と同じ感じに、ポコッとはれてあがっているのを見つけました。
昨日病院へ行った時はまだ気づかず、診てもらうことができなかったので、腫瘍なのか心配です。

ずっと手術をするかどうか悩んでいた耳のおできですが、出血原因がわからずにいた最中に、文太が引っ掻いてしまい、膿のようなものが出てしまいました。
おできが潰れて酷くなってしまうことを心配したのですが、中身が出てしまったのが幸いしたのか、おできは小さくなり、その後化膿することもなく大丈夫でした。
反対側の耳の中にもおできができてしまったのですが、それはかなり小さく、そのまま大きくなっていません。
手術をしないですんだので、ホッとしました。

まだいろいろ心配なことはありますが、とりあえず元気が戻ってきて食べることもできるようになってくれて、ホントによかったです。
ご心配・応援いただき、ありがとうございましたm(__)m

今後も通院・投薬は続きますが、文太がなるべく辛い思いをせず、のんびり穏やかに過ごせたらと思います。
約2週間後、2歳3ヶ月のお誕生日を元気に迎えられるよう、文太と一緒にまたがんばります。

2008/08/14

とても具合が悪いです。。。

原因がわからず、微量の出血がずっと続いていた文太。。。

先週の土曜日の深夜、チッコの出るあたりから血がたくさん出ているのを見つけました。

日曜日、病院で診てもらうと、尿道にいくつかの石ができているのがわかりました。
やっと原因がわかり薬をもらうことができたのですが、帰宅後、今までよりも多量の出血があり、翌日の月曜には、まっ赤な尿がたくさん出ました。

処方してもらった薬が効いてくれればと思ったのですが、どうしても嫌がって受けつけず、火曜の夜には、何も食べなくなってしまいました。

グッタリしてほとんど動かなくなってしまい、何も口にしていないので、この暑い中、以前のように脱水症状になってしまっては困ると思ったのですが、ここのところ通院のため何度も連れ出しているので、この状態で動かしていいものかとても迷いました。
先生に電話で相談すると、やはり脱水症状になってる恐れがあるので、点滴をした方がいいとのことでした。

そして昨日の夜、文太を病院へ連れて行き、点滴をしてもらい、出血のために処方してもらった薬も飲ませてもらいました。

帰宅した文太は、少し元気が出てきて、ペットミルクやベビーダノンを少し舐めたのですが、その後はずっと横になって眠っていました。

けれども、体調が悪くて辛いのか、寝ていてもすぐに起きてきて、場所を変えてまた横になるということを繰り返しています。

今朝もぐったりして横になっていて、水分が欲しいらしく、お水とスイカを少し口にしましたが、他のものは何も食べようとせず、もらってきた栄養剤も嫌がって飲んでくれません。

何も食べていないので、急に身体がちっちゃくなってしまったようで、顔つきも力がなく辛そうです。
とても心配で、文太の寝ているハウスを、ドキドキしながら何度も何度も覗いて、ちゃんと呼吸をしているか確認してしまっています。。。

今までも何度か具合が悪くなった文太は、その度にがんばって、元気になってくれました。。。
今回もなんとかがんばって、早く何か食べれるようになって、回復してほしいという気持ちでいっぱいです。

文太、がんばって!!

2008/08/04

近況。。。

大変ご無沙汰しております…m(__)m

ちょこっとお休みするつもりが、1ヶ月以上も経ってしまいましたsweat01
その間、いろいろありました。。。

先月の29日、文太は2歳2ヶ月になりましたhappy01
二日後の31日にはお迎え2周年を祝うことができましたnote

文太の耳のおできは、その後大きくなっていないということなので、手術をせずにいたのですが、この前診てもらった時には、また少し大きくなってしまいました…despair

それから、2週間ほど前、ふと見るとハウスに敷いてあるティッシュペーパーやトイレのペパーレに点々と血がついてるのが見つかりましたbearing
耳のおできからの出血かと思ったのですが、おできは大丈夫でした。

病院でいろいろ診てもらったのですが、どこから出血してるのかわからず、強いて言えば右耳の裏の根元の辺りに引っ掻いたような痕があるので、そこではないかということで抗生剤をもらってきました。
でも、相変わらずあちこちに血がつくのでまた診てもらったのですが、やはりどこから出てるのかわからず、今度は消炎作用のあるお薬をもらい、抗生剤と合わせて与えていたのですが、やはり出血はおさまりませんでした。

鼻や歯、尿等も調べてもらったのですが、やはりどこから出ているのかわかりません。
血尿ではないのですが、時々チッコの上に血がのっているので、尿の出るあたりに何かできていて、出血してるのではないかとも考えられるということでした。。。

その後、今度は右の胸のあたりが毛が毟れてピンクの肌が見え、そこがプクッとはれてしまいましたbearing
出血箇所を探している時、おハゲになって肌が見えるので気になっていたのですが、その時は先生は特に心配ないとおっしゃっていました。
しばらくして、ピンクの肌の部分がはれ上がったきたので、診てもらったら腫瘍だということでした…weep
皮膚の下にできた良性のものだということで、免疫力を高め進行を抑えるようD-フラクションを与えてみることになりました。

気になっていたものが腫瘍ということがわかり、とてもショックでした。
出血の方も、たくさんではないのですが、あちこちのティッシュやペパーレに点々とついているのに、出ている部分や原因がわからないので、すごく心配です。。。

文太は、高齢になりいろんな病気を抱えてとても辛いと思うのですが、毎日元気なお顔を見せてくれていますheart
豆腐やベビーダノン、野菜をよく食べ、ごまやそばの実等と一緒にすり潰したペレットも、時々口にしてくれますdelicious
寝てることが多くなりましたが、回し車もよく回していますdash
体重はまたちょこっと減って45gぐらいですが、見た目はよぼよぼしておらず、なんだか以前より若々しいです(笑)

2歳2ヶ月&お迎え2周年のお祝いの時の文太。。。

Bunta080804

(7月31日撮影)

明日また、出血のことで病院へ行ってきます。
どこから出ているものなのかわかるといいのですが。。。

その後の経過はまたご報告させていただきます。。。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

フォト

トラックバック・ピープル








ハムスターブログ更新情報